【PR】

シニア犬(高齢犬・老犬)向けおすすめドッグフード10選!国産・小粒・柔らかいなどの目的別に紹介

「ドッグフードの選び方ってあるの?」
「食べやすいドッグフードが知りたい」
「シニア犬や老犬におすすめのドッグフードは何ですか?」

こんなお悩みをお抱えの飼い主さん!

ある年齢になったからといって、急にその年齢用のフードに切り替えるのはあまり良いことではありません。食べ慣れていないフードに切り替えると、吐いてしまったり、下痢をすることもあります。フードを変える時には、犬や猫の状態を見ながら、1~2週間かけて新しいフードの割合を徐々に増やしていきましょう。

引用:環境省 飼い主のためのペットフード・ガイドライン

ドッグフードはある程度の年齢になったら、シニア向けに変えることをおすすめしますが、いきなり変えず、愛犬の状態を見ながら変えるのがポイントです。

そこで、この記事では、犬の健康を守るために、シニア犬向けのおすすめドッグフードを紹介します。

この記事の主な内容は以下のとおり

(1)シニア犬向けのおすすめドッグフードの選び方
(2)シニア犬・老犬におすすめのドッグフード10選
(3)小粒のシニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選
(4)柔らかいシニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選
(5)市販のシニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選

老犬になると、食事が健康を守ることに直結します。ぜひ最後までご覧ください。

目次

シニア犬向けのおすすめドッグフードの選び方

以下に、シニア犬向けのおすすめドッグフードの選び方を解説します。

おすすめシニアドッグフード選び方
  • (1)良質なタンパク源か
  • (2)粒の硬さが愛犬に合っているか
  • (3)関節サポート成分が含まれているか
  • (4)良質なたんぱく質を主原料に使用しているか
  • (5)脂質の成分値が低めであるか
  • (6)粒サイズが小さめであるか

フードの香りが強めであるか

愛犬にとって、食いつきの良さを左右するのが、ドッグフードの香りです。

犬は人間より嗅覚がつよく、1,000倍から1億倍と言われています。

そのため、食欲をそそる匂いに着目して、原材料を配合しています。

犬は嗅覚が鋭いため、ドッグフードの香りが強いと、シニア犬でも食いつきが良くなります。 

粒の硬さが愛犬に合っているか

シニア期になると、歯の状態が悪くなっているケースが多いです。

そのため、歯周病などで口の中が痛くなっていることがあり、粒が少しやわらかいタイプが食べやすいです。

さらに年齢を重ねた愛犬の場合、ドライフードをふやかすしたり、ウェットフードのような水分が多いやわらかいものが必要になってきます。

関節サポート成分が含まれているか

愛犬の関節はシニア犬になるころには、軟骨成分が摩耗していき、軟骨構成成分の生産も十分にできなくなっています。

足腰の悩みが多いシニア犬にとって、歩行がスムーズにいかなくなったり、痛みが出てくるのは重要な問題です。

そこで、関節サポート成分が含まれているドッグフードを選ぶことで、口から関節のサポートができます。

関節サポートの成分例

・緑イ貝
・グルコサミン
・コンドロイチン
・MSM(メチルサルフォニルメタン)

口から摂取する関節サポート成分配合商品の効果は、はっきりと証明されていません。

しかし、中には症状の改善が認められている製品もあります。

ドッグフードに配合されている程度の量を正しく与えているのであれば、それぞれのサポート成分の過剰摂取も心配ないでしょう。

少しでも関節に良い栄養を与えるなら、サポート成分が含まれているものがおすすめです。

良質なたんぱく質を主原料に使用しているか

本来肉食である愛犬にとって、たんぱく質は身体をつくるために必要不可欠な栄養素です。

とくに、シニア犬は加齢と共に筋肉量が低下し、足の踏ん張りがきかなくなることや、震えが起きることがあります。

良質なたんぱく質をドッグフードから摂取するだけでなく、シニア犬でも消化・吸収のしやすいものがおすすめです。

ドッグフードには、公式サイトやパッケージに、肉や魚の情報が記載されているので、品質が保たれているか調べましょう。

また、たんぱく質の量は、今まで与えてたドッグフードより数%高いくらいか、同じ程度がおすすめです。

参考:ペットフードで使用される主な脂質源原料(中編)

脂質の成分値が低めであるか

シニア犬になると活動量が減るほか、基礎代謝も落ちてきます。

若いころと同じカロリーを与えると肥満につながり、病気になる確率が高まります。

そこで、低カロリーの食事を心がけつつも、脂肪分をカットしすぎない、シニア犬用ドッグフードを選びましょう。

脂肪分は目安12%以下のものが良いです。

愛犬にとっても、お腹への負担が少ないほか、脂肪分が不足しない、太りにくいのが12%以下になります。

さらに、ハイシニア期に入ったら、さらにお腹への健康に配慮したドッグフードを選ぶとよいです。

粒サイズが小さめであるか

シニア犬になり、顎の力や飲み込む力が弱っている場合は、小粒のものを与えてもよいです。

食べたくてもうまく食べられずに、ご飯を美味しく感じなくなったりします。

適切な給餌量を食べることで、シニア犬でも必要な栄養素を補えるように、粒サイズも小さめにすることも、愛犬への配慮です。

シニア犬・老犬におすすめのドッグフード10選

以下に、シニア犬・老健におすすめのドッグフード10選を紹介します。

おすすめのシニア・老犬ドッグフード10選
  • (1)ピッコロドッグフード
  • (2)ミシュラン小型犬用
  • (3)シニアのためのこのこのごはん
  • (4)Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプ
  • (5)NOW FRESH グレインフリー スモールブリード シニア&ウェイトマネジメント
  • (6)ACANA シニアレシピ
  • (7)Natural Harvest シニアサポート
  • (8)ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 高齢犬用(7歳以上) 骨抜き七面鳥
  • (9)フレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ
  • (10)プラペ ターキー&クランベリー シニア&体重管理用

ピッコロドッグフード

ピッコロドッグフードは、7歳以上のシニア犬向けのフードです。

カロリーと脂質を控えめにし、原材料の70%にチキンとサーモンを使用しています。

また、グルコサミンやコンドロイチンなど関節に良い成分、食物繊維、ハーブなども配合されています。

ピッコロドッグフードは、定期コースで購入すると最大20%OFFで購入できます

おすすめポイント
  • (1)カロリーと脂質が控えめ
  • (2)余計な添加物は使用していない
  • (3)穀物を使わないグレインフリー
通常価格(税込) 【通常】5,038円
【定期】4,534円(1袋)
内容量 1.5kg
主な原材料 イギリス産の平飼いチキン、スコットランド産サーモン
対象年齢 7歳以上の全犬種
原産国 イギリス

\定期コースで買えば最大20%OFF /

ピッコロ
公式HPを見る

ミシュラン小型犬用

ミシュワン小型犬用は、シニア期に入ったチワワやトイプードルなどの小型犬におすすめです。

馬肉や鶏肉などの良質なたんぱく質を使用しているので、味の良さや消化が評判で、嗜好性の高さが期待できます。

1兆を超える乳酸菌を配合し、免疫力をしっかりサポートしてくれる、健康にも良いドッグフードです。

さらに、関節の健康をサポートする緑イ貝も配合しています。

粒の形状にもこだわっているため、食べこぼしにくく、薄くてふやかしにあまり時間がかからないのは、シニア犬にもうれしいポイントです。

袋を開けると鰹節の香りがするので、シニア・老犬も喜んで食べてくれることが期待できます。

おすすめポイント
  • (1)食いつき良好
  • (2)脂質が控えめ
  • (3)小型犬が食べやすい小粒設計
通常価格(税込) 【通常】
3,980円(1袋)
【定期初回】
2,578円(1袋)
【定期】
6,268円(2袋)
内容量 1kg
主な原材料 鶏肉、馬肉、鶏レバー、鰹節
対象年齢 子犬からシニア犬まで全年齢の犬(生後2ヶ月以降)
原産国 日本

シニアのためのこのこのごはん

「シニアのためのこのこのごはん」は、このこのごはんをベースにシニア犬に適した栄養バランスとなるように作られています。

このこのごはんの良さをそのままに、シニア犬になると抱えやすいトラブルにも配慮されています。

そのため、シニア・老犬の飼い主さんはこのこのごはんから安心して切り替えることができます

おすすめポイント
  • (1)食物繊維でお通じを改善
  • (2)シニア犬が消化しやすい低脂肪フード
  • (3)消化器サポート&老廃物の減少で涙やけをケア
通常価格(税込) 【通常】
4,125円
【定期】
3,520円
内容量 1kg
主な原材料 鶏肉(ささみ、胸肉、レバー)、鰹節、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ
対象年齢 7歳頃のシニア犬
原産国 日本

Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプ

Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプは、体重が気になる成犬や10歳以上のシニア犬のためのドッグフードです。

しっとりソフトな食感が人気のやわらかドライタイプは、保湿剤や保存料は使用していません。

レトルト加工することで、しっとりソフトなやわらかさを実現しています。

国産の若鶏生肉を使用してるほか、獣医師監修のレシピは、低脂肪・高たんぱく質で、シニア犬に配慮したドッグフード。

ドライタイプよりも香りが高く、嗅覚が衰えてきたシニア犬にとって、食欲をそそる逸品です。

おすすめポイント
  • (1)香り高く食いつきが良い
  • (2)低脂肪で体重管理にぴったり
  • (3)保湿剤や保存料は使用していない
通常価格(税込) 510円(80g)
2,520円(80g☓5袋)
4,290円(80g☓10袋)
内容量 80g、80g☓5袋、80g☓10袋
主な原材料 鶏肉、大麦、玄米、カツオ節
対象年齢 10歳以上
原産国 日本

NOW FRESH グレインフリー スモールブリード シニア&ウェイトマネジメント

内臓機能や消化機能が衰えはじめる7歳以降のシニア犬にもおすすめなのが、NOW FRESH グレインフリー スモールブリード シニア&ウェイトマネジメントです。

健康を維持するたんぱく質をしっかりサポートしてくれる、低脂肪を実現しました。

消化酵素や善玉菌を配合しているので、お腹の調子を整えてくれます。

カロリーが気になる愛犬や運動量の少なくなったパートナーにおすすめです。

おすすめポイント
  • (1)新鮮な素材を使用
  • (2)シニア犬の健康に配慮したレシピ
  • (3)低脂肪・低カロリードッグフード
通常価格(税込) 2,728円(800g)
5,280円(1.59kg)
8,580円(2.72kg)
27,280円(9.98kg)
内容量

内容量
800g、1.59kg、2.72kg、9.98kg

主な原材料 生肉(生魚)
対象年齢 7歳以降
原産国 カナダ

ACANA シニアレシピ

ACANA シニアレシピは、シニア犬の健康維持のために考え抜かれて作られています。

ACANA シニアレシピ炭水化物量を抑えて肉原材料を豊富に使用し、健康的でおいしいシニアライフをサポートします。

さらに、低GI&高タンパク質で体重コントロールがしやすいです。

ACANA シニアレシピはカナダ産の新鮮な鶏肉や生のカレイなどの高品質な動物原材料を65%、フルーツや野菜、ハーブを35%とバランスよく配合しています。

肥満や血糖値が気になる愛犬や、アレルギーの原因となりやすい穀類を避けたい愛犬におすすめです。

おすすめポイント
  • (1)病気の予防のサポートが見込める
  • (2)穀物やジャガイモを使用していない
  • (3)栄養を損なわない加工方法で高い栄養価を実現
通常価格(税込) 7,480円(2kg)
23,000円(11.4kg)
内容量 2kg、11.4kg
主な原材料 放し飼い鶏肉、天然カレイ、全卵
対象年齢 7歳以上の全犬種のシニア犬
原産国 カナダ

Natural Harvest シニアサポート

ナチュラルハーベストのシニアサポートは、10歳を超えたシニア犬におすすめのハイシニア用食事療法食です。

最新の臨床栄養学に基づいて日本と米国の獣医師が共同で開発されました。

主原料のサーモンはDHAやEPAなどのオメガ3脂肪酸が豊富で、毛づやの気になる子にもおすすめです。

また、年齢と共に衰える消化器のケアを目指して、腸内の環境をサポートする善玉菌=プロバイオティクスを配合し、善玉菌を育む良質な繊維質=プレバイオティクスのバランスを調整しています。

年齢と共に気にあるにおいのために、ユッカやスペアミントを配合しています。

おすすめポイント
  • (1)ハイシニア犬向けのドッグフード
  • (2)年齢とともに衰えがちな消化器をケア
  • (3)高品質な原材料とシンプルな配合の低脂肪・低カロリー・低アレルギーフード
通常価格(税込) 3,740円(1.47kg)
内容量 1.47kg
主な原材料 サーモン、サーモンミール、白米、鶏脂肪、米ぬか、えんどう豆繊維、ビートファイバー
対象年齢 10歳以上のシニア犬
原産国 アメリカ

ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 高齢犬用(7歳以上) 骨抜き七面鳥

適切な脂肪量と優れた栄養バランスで、代謝が落ちてきたシニア犬の体型維持をサポートします。

脂質は10.0%以上、12.0%以下と低脂肪です。

消化の良い動物性たんぱく質源が主原料で、自然派成分の酸化防止剤を使用しています。

乳酸菌(プロバイオティクス)と、食物繊維(プレバイオティクス)を配合しており、シニア犬のお腹にも優しいサポートをしてくれます。

グルコサミンと、コンドロイチン硫酸を配合し、腰と関節の健康維持をサポートする、シニア犬向けのドッグフードです。

おすすめポイント
  • (1)穀物不使用のグレインフリー
  • (2)AAFCO(米国飼料検査官協会)の栄養基準をクリア
  • (3)ペットフード公正取引協議会の定める基準をクリアした総合栄養食
通常価格(税込) 【通常】
1,650円(800g)
3,300円(2kg)
内容量 【定期】
1,485円(800g)
2,970円(2kg)
主な原材料 骨抜き七面鳥、七面鳥ミール、チキンミール、レンズ豆、えんどう
対象年齢 7歳以上のシニア犬
原産国 アメリカ

フレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ

フレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグは、シニア犬の骨や関節のリスク予防に役立つドッグフードです。

食いつきが良い、価格・容量・匂い・粒の大きさなどすべて合格という評価があり、好評です。

また、アレルギーや皮膚疾患、関節炎、ガンなどの原因と言われている活性酸素を抑制する効果が見込まれる抗酸化物質を配合しています。

合成保存料や着色料、人工添加物、またペットが消化を苦手とするでんぷん質の多い素材(小麦、大豆、とうもろこし)を徹底除去しています。

おすすめポイント
  • (1)ヒューマングレード
  • (2)新鮮な野菜や果物をベースに、オメガ3・オメガ6を配合
  • (3)鶏・七面鳥・魚・鴨・卵などの動物性タンパク質をバランスよく配合
通常価格(税込) 2,530円(1kg)
5,060円(3kg)
9,130円(6kg)
内容量 1kg、3kg、6kg
主な原材料 チキン、鶏、ささみ
対象年齢 肥満傾向の小型成犬とシニア犬
原産国 アメリカ

プラペ ターキー&クランベリー シニア&体重管理用

プラペ ターキー&クランベリー シニア&体重管理用は筋肉量を維持したいシニア犬や、ダイエットが必要な成犬に適したドッグフードです。

七面鳥を50%配合した、高品質たんぱく源を使用し、低脂肪のドッグフードを実現。

ダイエットしながら、筋肉量はそのまま維持したいのなら理想的なフードです。

公式サイトの定期購入なら、初回購入で20%OFF。

2回目以降も半永久的に5%OFFです。

さらに、100%満足度返金保証付きです。

おすすめポイント
  • (1)ヒューマングレード
  • (2)穀物不使用のグレインフリー
  • (3)着色料・人工香料・防腐剤を不使用
通常価格(税込) 4,200円 (2kg)
8,200(4kg)
12,000円(6kg)
23,000円(12kg)
内容量 2kg、4kg(2kg×2)、6kg(2kg×3)、12kg(2kg×6)
主な原材料 七面鳥50%(新鮮に調理された七面鳥27%、乾燥七面鳥21%、七面鳥ストック2%)、サツマイモ、エンドウマメ、亜麻仁
対象年齢 全犬種・全年齢
原産国 イギリス

【小粒】シニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選

以下に、小粒のシニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選を紹介します。

シニア・老犬におすすめ小粒ドッグフード2選
  • (1)ナチュラルチョイス 小型犬用 シニア犬用 チキン&玄米
  • (2)シュプレモ 超小型犬~小型犬用 エイジングケア

ナチュラルチョイス 小型犬用 シニア犬用 チキン&玄米

ナチュラルチョイス 小型犬用 シニア犬用 チキン&玄米は、小さい口・顎に合わせた独自の小粒設計と抜群の美味しさを実現しました。

小型犬でも美味しく食べられるように粒を小さくし、噛ませるための独自形状に加工しています。

さらに、ニュートロの高い製造技術により、芯までふやけやすい粒設計です。

玄米や大麦など、バランスの良い食物繊維の組み合わせで、腸内環境の健康をサポートします。

脳と視力の健康維持のために役立つ、DHAを豊富に含むフィッシュオイルを配合しています。

おすすめポイント
  • (1)独自の小粒設計で小型犬でも食べやすい
  • (2)第一主原料にチキンを使用し、抜群の美味しさを実現
  • (3)尿路結石の形成に配慮するため、マグネシウムなどのミネラルバランスを調整
通常価格(税込) 1,724円(1kg)
4,401円(3kg)
9,280円(6kg)
内容量 1kg、3kg、6kg
主な原材料 チキン(肉)、チキンミール(グルコサミン、コンドロイチン源)、大麦(食物繊維源)、エンドウマメ
対象年齢 7歳以上のシニア犬
原産国 アメリカ

シュプレモ 超小型犬~小型犬用 エイジングケア

シュプレモ 超小型犬~小型犬用 エイジングケアは、超小型犬〜小型犬のシニア犬に配慮した、若々しい体型の維持に役立つドッグフードです。

関節や消化吸収、美しい皮膚・被毛の健康維持に配慮し、栄養素を豊富に含む高品質な自然素材を使用しています。

また、顎や口が小さい、代謝エネルギーが高いなどの、超小型犬〜小型犬の特徴に適しています。

おすすめポイント
  • (1)高品質なたんぱく源を使用
  • (2)顎・口が小さいシニアの小型犬に適している
  • (3)自然素材の高い栄養価とおいしさをそのままに使用
通常価格(税込) 2,102円(1kg)
4,845円(3kg)
9,779円(6kg)
内容量 1kg、3kg、6kg
主な原材料 チキン、チキンミール、大麦、オーツ麦、玄米
対象年齢 7歳以上のシニア犬
原産国 アメリカ

【柔らかい】シニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選

以下に、柔らかいシニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選を紹介します。

シニア・老犬におすすめの柔らかいドッグフード2選
  • (1)やわか
  • (2)Butch(ブッチ)

やわか

やわかは低脂質で低カロリーなドッグフードなので、子犬よりもシニア犬におすすめです。

全年齢で、歯や消化力が未熟、または衰えてきた犬にも合わせやすいドッグフードです。

やわかドッグフードは、水をあまり飲まないワンちゃんにもおすすめできます。

カリカリのドライフードに比べ、水分含有量が多いため食事から水分補給できるからです。

やわかドッグフードは、華ちゃん犬猫すこやか本舗が製造している国産ドッグフードです。

保存料の心配なく新鮮な状態で食べられます。

おすすめポイント
  • (1)ヒューマングレードの主原料は国産素材を使用
  • (2)AAFCOの栄養基準(2016年)に対応した総合栄養食
  • (3)香料、着色料、オイルコーティング、添加物は不使用
通常価格(税込) 【通常】6,578円
【定期初回】4,378円
【定期】5,920円
内容量 1.2㎏
主な原材料 鶏肉、大麦、玄米、かつお節、大豆
対象年齢 全年齢
原産国 日本
\初回送料無料&33%オフ/

やわかドッグフード
公式HPを見る

Butch(ブッチ)

ブッチ(Butch)は、犬や猫の食性に合わせて開発された総合栄養食です。

着色料や香料無添加で、グルテンフリーのため、アレルギー対策にも適しています

また、柔らかいため、小型犬やシニア犬など噛む力が弱い犬にもおすすめです。

ブッチは、食いつきが良い、品質が良い、グルテンフリーでアレルギー対策ができる、ドライフードのトッピングに適している、愛犬に美味しいご飯を食べさせてあげたいという飼い主さんにおすすめです。

ブッチは、無添加でグルテンフリー、水分量が多く消化しやすいように作られています。

ソーセージのような柔らかさで、老犬や歯が弱い犬でも食べやすいと言われています。

おすすめポイント
  • (1)グルテンフリー
  • (2)生肉と同じ70%以上の水分量
  • (3)動物性タンパク質が最大92%
通常価格(税込) 【通常】
1,650円(800g)
3,300円(2kg)
【定期】
1,485円(800g)
2,970円(2kg)
内容量 800g/2kg
主な原材料 チキン、サバ、マグロ、米、ココナッツ
対象年齢 子犬から老犬まで全年齢
原産国 ニュージーランド

シニア&ライト チキン やわらかドライタイプ

シニア&ライト チキン やわらかドライタイプは国産の若鶏をふんだんに使用し、鰹節など、食欲を刺激する食材をブレンドしています。

使用しているのは、すべて人間が食べても問題がないヒューマングレードの基準です。

主原料である鶏肉に含まれているたんぱく質の摂取はもちろんのこと、ビタミンやミネラル繊維質など、健康維持に欠かせない栄養成分を効率よく摂取できます。

体重が気になる成犬やシニア犬におすすめなドッグフードです。

おすすめポイント
  • (1)保湿剤・保存料は不使用
  • (2)水分を多く含んだしっとり食感
  • (3)ドライタイプと同じ原材料でも香り高く、より一層美味しく味わえる
通常価格(税込) 510円(80g)
2,520円(80g☓5袋)
4,290円(80g☓10袋)
内容量 80g、80g☓5袋、80g☓10袋
主な原材料 鶏肉、大麦、玄米、カツオ節
対象年齢 10歳以上
原産国 日本

【国産】シニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選

以下に、シニア犬・老犬におすすめの国産ドッグフード2選を紹介します。

シニア・老犬におすすめの国産ドッグフード2選
  • (1)犬猫生活ドッグフード シニア
  • (2)安心犬活ドッグフード

犬猫生活ドッグフード シニア

犬猫生活ドッグフード シニアは、獣医師と共同開発した、国産無添加・グルテンフリー・ノンオイルコーティングのシニア犬用ドッグフードです。

リンの量を控えめにすることで、内側から健康をサポートしてくれます。

さらに、グルコサミンやコンドロイチンが気になる関節をサポートするので、シニア犬の健康維持につながるはずです。

目の健康のためにブルーベリーやルテインも配合している、7歳を超えたシニア犬向けのドッグフードです。

おすすめポイント
  • (1)グレインフリー
  • (2)国産無添加素材で安心
  • (3)シニア犬の気になる健康維持をサポートする素材を配合
通常価格(税込) 【通常】6,908円(850g×2袋)
【定期初回】550円(160g)
【定期】5,258円(850g×2袋)
内容量 160g、1.7kg(850g×2袋)
主な原材料 国産の鶏肉、牛肉、魚肉、鶏レバーの4種の生肉
対象年齢 7歳以上のシニア犬
原産国 日本

安心犬活ドッグフード

安心犬活ドッグフードは、人間でも食べることができるヒューマングレードの原材料を使用しています。

また、低温低圧製法で作られているため、原材料に含まれる栄養を損なわずに栄養価を高めています。

安心犬活ドッグフードは、オリゴ糖や乳酸菌が配合されているため、腸内環境を整えることができ、下痢を改善したり毛並みを美しくしたりする効果も期待できます。

添加物を使用しないことで、健康維持にも役立つので、長く愛犬と暮らしたい方におすすめです。

おすすめポイント
  • (1)低温低圧製法で作られている
  • (2)人間も食べられる原材料を使用している
  • (3)合成保存料・防カビ剤・着色料などの添加物を使用していない
通常価格(税込) 【通常】3,795円(1袋)
【定期初回】1,650円(1袋)
【定期:2回目以降】6,451(2袋)
【定期:6回目以降】6,072(2袋)
内容量 800g
主な原材料 鶏肉、牛肉、馬肉、魚肉、豚レバーの5種類の動物性生肉
対象年齢 全年齢の犬種
原産国 日本

【市販】シニア犬・老犬におすすめのドッグフード2選

以下に、シニア犬・老犬におすすめの市販ドッグフード2選を紹介します。

市販のシニア・老犬におすすめドッグフード2選
  • (1)プロマネージ ドッグフード 7歳からの室内犬用
  • (2)サイエンス・ダイエット ドッグフード シニアアドバンスド(チキン)

プロマネージ ドッグフード 7歳からの室内犬用

プロマネージ ドッグフード 7歳からの室内犬用は、口臭ケアと便臭ケアに配慮したシニア犬用のドッグフードです。

ミネラル成分配合の粒を噛むことで歯垢・歯石の蓄積を防ぎます。

さらに、良質なたんぱく質を使用し健康的な消化の維持を手助けしてくれるすぐれものです。

体重ケアにも配慮した、シニアの室内犬ならではの配慮がある、市販のドッグフードです。

おすすめポイント
  • (1)皮膚や被毛の健康を維持
  • (2)お口の健康を維持する8の字型の粒
  • (3)腸内環境の健康をサポートし、便臭も軽減する
通常価格(税込) 1,746円(800g)
2,068円(1.7kg)
4,168円(4kg)
内容量 800g、1.7kg、4kg
主な原材料 チキン・鶏・ささみ
対象年齢 7歳以上のシニア犬
原産国 オーストラリア

サイエンス・ダイエット ドッグフード シニアアドバンスド(チキン)

サイエンス・ダイエット ドッグフード シニアアドバンスド(チキン)はシニア犬ならではの悩みをサポートするドッグフードです。

高品質な魚油由来のEPAを含み、健康で活発な運動能力を維持する手助けをしてくれます。

さらに、カルシウムやグルコサミン、コンドロイチン硫酸を含み、健康な骨や関節をサポートします。

高品質で消化に良い自然素材を使用した、健康的な便に配慮した設計です。

おすすめポイント
  • (1)健康な関節と運動能力を維持
  • (2)健やかなエイジングをサポート
  • (3)厳密な品質管理のもと、ヨーロッパの工場で生産
通常価格(税込) 1,889円(1.4kg)
2,600円(3.3kg)
4,956円(6.5kg)
内容量 1.4kg、3.3kg、6.5kg
主な原材料 トウモロコシ、小麦、トリ肉(チキン、ターキー)
対象年齢 13歳以上のシニア犬
原産国 オランダ

シニア犬へのドッグフードの与え方

以下に、シニア犬へのドッグフードの与え方を解説します。

シニア・老犬向けドッグフードの与え方
  • (1)腎臓の健康に配慮する
  • (2)筋肉を維持する
  • (3)肥満を防ぐ
  • (4)免疫力を維持する
  • (5)足腰の健康を支える
  • (6)香りの強さや粒の大きさ硬さ

愛犬によって、配慮するドッグフードの与え方は変わります。

パートナーによって個別ケースになるので、シニア犬になった愛犬に合わせて参考にしてください。

腎臓の健康に配慮する

シニア犬の腎臓の健康に配慮することも、与え方を考えるときに重要な要素です。

主に、以下を参考にしてシニア犬のドッグフードを与えましょう。

・高リン食品(肉、乳製品など)を制限する
・塩分を控えた栄養バランスのとれた食事を与える
・犬の飲水量・排尿の状態をこまめにチェックする
・高たんぱく食品は腎臓に負担をかける可能性がある
・活動的でない場合は、たんぱく質は中程度のフードを選ぶ

シニア犬の腎臓は弱っていることがあるので、ドッグフードを与えるときは、参考にしてください。

筋肉を維持する

シニア犬の筋肉を維持するには、良質なたんぱく質を与えることが大切です。

たんぱく質は筋肉量の維持だけでなく、健康な皮膚や被毛を保つためにも役立ちます。

シニア犬に与えるドッグフード選びで、気をつけたいポイントは次のとおりです。

・オメガ3脂肪酸などを摂取させる
・抗酸化食品を積極的に取り入れる
・高たんぱく・低脂質のフードを選ぶ
・食事の回数を調整し、食べさせ方にも工夫する
・グルコサミンやコンドロイチンなどを意識して取り入れる

また、良質なたんぱく質の取り入れ方としては「手作り食」もおすすめです。

愛犬用生肉や茹でたお肉をトッピングしてあげると、愛犬は喜びますし、良質なたんぱく質も摂ることができます。

肥満を防ぐ

メーカーによって成分は様々ですが、シニア犬に多いトラブル(関節や痴呆など)に配慮したドッグフードを選ぶと良いです。

これは、必ずしも成分を加えるばかりではありません。

腎臓や心臓に配慮して、ミネラル成分を調整する場合もあります。

ただし、各メーカーによって「当社比」だったりする場合もあるので、参考程度に見ておくだけでも良いでしょう。

肥満を防ぐためには、運動も効果的なので、運動を並行することをすすめます。

免疫力を維持する

シニア犬の免疫力を維持するには、抗酸化成分やプロバイオティクスなどの乳酸菌が配合されたドッグフードを選びましょう。

抗酸化成分は、野菜や果物などに多く含まれており、老化の原因である活性酸素を除去してくれます。

プロバイオティクスなどの乳酸菌は、腸内環境を良好に保つように働き、免疫力に役立つので、ドッグフードに配合されたものを選びましょう。

抗酸化成分やプロバイオティクスなどの乳酸菌は、複数の論文で良い影響があると示されているので、積極的に摂取したい成分です。

参考:プロバイオティクスの継続給与が高齢犬に与える影響について
参考:酸化ストレスと抗酸化栄養素

足腰の健康を支える

シニア犬の足腰を支えるためには、骨や関節に良いとされる成分が入ったドッグフードを選びましょう。

代表的な成分は以下のとおりになります。

・コラーゲン
・グルコサミン
・ヒアルロン酸
・コンドロイチン
・MSM(メチルスルホニルメタン)

シニア犬の足腰を支えるために、骨や関節に良い成分を選ぶのは、愛犬の健康寿命を伸ばす方法です。

香りの強さや粒の大きさ硬さ

シニア犬には、噛む力や飲み込む力、嗅覚が低下している場合があるため、香りの強さや食べやすさにもこだわってドッグフードを選ぶと良いでしょう。

シニア犬でも食べやすいドッグフードの主な種類は以下のとおりです。

・セミドライ
・セミモイスト
・ウェットタイプ

また、柔らかい粒のフードを選んだり、ドライフードをお湯でふやかして与えたりすることもできます。

シニア犬用フードは、中高齢犬が食べやすいように大きさや硬さにも配慮されていますが、愛犬好みのサイズや食感のものを選ぶようにしましょう。

シニア犬がドッグフードを食べない時の対処の仕方

急にドッグフードを食べなくなったとき、主に以下4つの理由があります。

シニア犬がドッグフードを食べない理由
  • (1)良質なタンパク源か
  • (2)運動量や代謝が落ちて食事量が変わった
  • (3)歯が弱くなることや飲み込む力が低下した
  • (4)体が年齢とともに変化して食の好みが変わった

シニア犬になったとき、ドッグフードをどうしても食べない場合、なるべく早く獣医師に診察してください。

シニア犬とドッグフードに関するよくある質問Q&A

以下に、シニア犬とドッグフードに関するよくある質問を集めました。

シニア犬とドッグフードに関するよくある質問Q&A
  • (1)本当にいいドッグフードの特徴は何ですか?
  • (2)シニアの小型犬におすすめのドッグフードは何ですか?
  • (3)シニア用の代わりに全年齢用でも問題ないですか?

参考にして、愛犬パートナーとの生活にお役立てください。

本当にいいドッグフードの特徴は何ですか?

まず、原材料に着目し、主成分として動物性たんぱく質を含む製品を選択することが重要です。

肉類や魚類が最初の数項目にリストアップされているフードは、高品質のたんぱく質源を提供しています。

人工添加物の非使用も重要なポイントであり、天然成分にこだわった製品の方が健康に良いです。

さらに、穀物の使用有無にも注目してください。

特に小麦やトウモロコシではなく、全粒穀物や穀物不使用のフードが消化に良く、アレルギーを持つ犬にも適しています。

犬の年齢、サイズ、活動レベルに適したフードを選ぶことで、犬の健康を最適にサポートが可能です。

シニアの小型犬におすすめのドッグフードは何ですか?

シニア犬は若い頃と比べて代謝が落ち、体重管理がより重要になります。

低カロリーで栄養価が高いフードが理想的で、消化しやすい成分を使用している製品を選ぶことが望ましいです。

シニア犬は関節の問題を抱えることが多いため、グルコサミンやコンドロイチンなどの関節サポート成分が含まれているフードを選択すると良いでしょう。

さらに、オメガ3脂肪酸を豊富に含み、皮膚や被毛の健康をサポートするフードもおすすめです。

味覚が落ちてくるシニア犬もいるため、食欲をそそる自然な味わいのフードが適しています。

シニア用の代わりに全年齢用でも問題ないですか?

全年齢用ドッグフードをシニア犬に与えることは可能ですが、最適とは言えない場合が多いです。

全年齢用のフードは、成犬から幼犬まで幅広く対応しているため、特定の年齢層のニーズに特化していません。

シニア犬は以下の健康上の悩みを抱えていることが多いです。

・体重管理
・関節の健康
・消化能力の低下

これらの悩みはシニア犬専用のドッグフードで解決できます。

ただし、全年齢用フードの中には、シニア犬のニーズを考慮した高品質なものもありますので、成分表をよく確認し、獣医師と相談しながら選択することが大切です。

まとめ

シニア犬・老犬におすすめのドッグフードの選び方は、以下のとおりです。
・フードの香りが強めであるか
・粒の硬さが愛犬に合っているか
・関節サポート成分が含まれているか
・良質なたんぱく質を主原料に使用しているか
・脂質の成分値が低めであるか
・粒サイズが小さめであるか
シニア犬・老犬には以下のドッグフードがおすすめです。
おすすめのシニア・老犬ドッグフード10選
  • (1)ピッコロドッグフード
  • (2)ミシュラン小型犬用
  • (3)シニアのためのこのこのごはん
  • (4)Yum Yum Yum!シニア&ライトチキン やわらかドライタイプ
  • (5)NOW FRESH グレインフリー スモールブリード シニア&ウェイトマネジメント
  • (6)ACANA シニアレシピ
  • (7)Natural Harvest シニアサポート
  • (8)ウェルネスコア 高たんぱく質・穀物不使用 高齢犬用(7歳以上) 骨抜き七面鳥
  • (9)フレッシュミックス ウェイトマネージメント&スモールシニアドッグ
  • (10)プラペ ターキー&クランベリー シニア&体重管理用
ドッグフードを選ぶなら、下記の与え方を参考にしてください。

ドッグフードを選ぶなら、下記の与え方を参考にしてください。

・腎臓の健康に配慮する
・筋肉を維持する
・肥満を防ぐ
・免疫力を維持する
・足腰の健康を支える
・香りの強さや粒の大きさ硬さ
シニア犬・老犬の健康維持は、愛犬の食事から始めてみることをおすすめします。
The following two tabs change content below.

ナチュラルドッグフードひろば編集部