痩せすぎの犬におすすめのドッグフード10選!高カロリーフードを紹介

痩せすぎの犬におすすめのドッグフード10選!高カロリーフードを紹介「痩せている愛犬におすすめのドッグフードはある?」
「栄養価が高くて太りやすいドッグフードは?」

愛犬の体重が痩せてきたら、飼い主さんは心配になりますよね。

巷に売られているドッグフードの中には、高カロリーで栄養の吸収率が高いフードがあります。

痩せている犬には、高カロリーで栄養価が高いドッグフードがおすすめです。

とはいえ、ドッグフードの種類は多く、どのフードが高カロリーで栄養価が高いのか1つずつ調べるのは大変です。

今回は、痩せすぎの犬におすすめのドッグフードやフード選びのポイントなどについてご紹介します。

この記事でわかること
  • 痩せすぎの犬におすすめのドッグフード10選
  • 痩せすぎの犬におすすめのドッグフードの選び方
  • 痩せすぎの犬におすすめのドッグフードに関するよくある質問

本記事を読むことで、痩せている犬におすすめの栄養満点のドッグフードが分かります。

愛犬の体重が心配な飼い主さんは、ぜひ参考にしてください。

痩せすぎの犬におすすめのドッグフード10選!

痩せすぎの犬におすすめのドッグフード10選についてご紹介します。

痩せすぎの犬におすすめのドッグフード10選!
  • カナガンドッグフードチキン
  • モグワンドッグフード
  • 自然派わんこの厳選ごはん
  • MISHONE プレミアムドッグフード
  • FINEPET’Sドッグフード 小粒
  • オリジンオリジナル
  • アカナ パピースモールブリードレシピ
  • ウィリアムドッグフード チキン
  • プラぺ CP サーモン & ほうれん草 (小粒)
  • Dr.PRO.チキン&ターキー オールステージ

カナガンドッグフードチキン

カナガン

カナガンドッグフードチキンは、痩せ気味の犬におすすめのドッグフードです。

カナガンの原材料には、生肉26%、乾燥チキン25%と動物性タンパク質が豊富に使用されています。

動物性タンパク質が豊富なドッグフードです。

また、カロリーは100gあたり376kcalであり、一般的なドッグフードよりも高めです。

穀物不使用のグレインフリードッグフードであり、穀物アレルギーの犬にも与えられます。

消化に優しいジャガイモやサツマイモなどが使用されています。

栄養価が高く、高品質なイギリス産のプレミアムドッグフードです。
価格(税込) 【通常】5,038円
【定期初回】2,519円
【定期】4,030〜4,534円
定期コースで最大20%OFF
内容量 2kg
対象 全犬種・全年齢
主原料 チキン生肉、乾燥チキン
原産国 イギリス
\初回購入時半額キャンペーン実施中 /

モグワンドッグフード

モグワンモグワンドッグフードは、ヒューマングレードの肉や魚を使用したフード。

原材料の50%以上に動物性タンパク質の食材が使用されています。

あまり食べない犬でも食いつきが期待できます。

また、穀物不使用のグレインフリーで作られています。

消化性に優れたサツマイモやエンドウ豆などが炭水化物源として使用されているフードです。

人工添加物は使用されていないドッグフードです。

小さめのドーナッツ型のドッグフードのため、小型犬でも食べやすいです。
価格(税込) 【通常】5,038円
定期初回】2,519円
【定期】4,030〜4,534円
定期コースで最大20%OFF
内容量 1.8kg
対象 全犬種・全年齢
主原料 チキン&サーモン
原産国 イギリス
\初回購入者限定半額キャンペーン実施中/

自然派わんこの厳選ごはん

自然派わんこの厳選ごはん自然派わんこの厳選ごはんは、痩せがちな犬におすすめのドッグフードです。

新鮮な生肉を主原料として使用しています。

また、大麦や玄米なども使用されている国産のドッグフードです。

カロリーは400kcal/100gあります。

低温低圧製法で作られているため、素材の栄養素や旨味などが活かされているのが特徴です。

人工添加物は不使用の安心感があるドッグフードです。

消化吸収を助けるプロバイオティクスや酵素なども配合されています。
価格(税込) 【通常】3,278円
【定期】2,728円
定期コースで約17%OFF

内容量 1kg
対象 全犬種・全年齢
主原料 生肉(鶏、牛肉、豚、馬、魚肉)
原産国 日本

MISHONE プレミアムドッグフード

MISHONE プレミアムドッグフードMISHONEプレミアムドッグフードは、痩せ気味な犬におすすめのドッグフードです。

ヒューマングレードのチキン、ターキー、サーモンなどの動物性原材料がメインに使用されています。

フード全体の60%以上が高品質な動物性タンパク質でできています。

100gあたり384kcalとカロリーが高めです。

栄養豊富なため体重が増えにくい犬におすすめします。

また、穀物を含まないグレインフリーで作られているため、穀物アレルギーのある犬にも与えられます。

全犬種・全年齢の犬に適したドッグフードです。
価格(税込) 5,478円
内容量 2kg
対象 全犬種・全年齢
主原料 チキン、ターキー、サーモン
原産国 日本

FINEPET’Sドッグフード 小粒

FINEPET’Sドッグフード 小粒FINEPET’Sドッグフード小粒は、痩せがちな犬の栄養補給におすすめのドッグフードです。

100gあたりのカロリーは、440kcal。

高カロリーなドッグフードです。

また、消化吸収率が87%と高いことが特徴です。

栄養素を効率的に摂取させられることにつながります。

小粒サイズで小型犬でも食べやすいドッグフードの粒です。

活動的な犬や体重増加が必要な犬にぴったりなドッグフードです。
価格(税込) 3,803円
内容量 1.5kg
対象 全犬種・全年齢
主原料 鹿肉、鶏肉
原産国 オランダ

オリジンオリジナル

オリジンオリジナルオリジンオリジナルドッグフードは、痩せがちな犬におすすめです。

原材料の85%に動物性タンパク質の食材が使用されています。

高タンパクでカロリーも高めの386kcal/100gです。

高品質の鶏肉、七面鳥、魚などの動物性原材料が使用されています。

動物性タンパク質は犬が消化しやすいとされています。

栄養素が豊富に含まれたドッグフードです。

高タンパクで高脂質のため犬の体重増加が期待できます。
価格(税込) 8,800円
内容量 2kg
対象 全犬種・全年齢
主原料 新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉
原産国 カナダ

アカナ パピースモールブリードレシピ

アカナ パピースモールブリードレシピアカナ パピースモールブリードは、小型犬の子犬向けに作られたドッグフードです。

平飼い鶏肉や天然カレイなどの高品質な動物性原材料の食材が豊富に使用されています。

肉の割合が多いことで食いつきが期待できます。

また、ドッグフードの栄養が豊富です。

子犬向けのドッグフードであるため、脂質含有量が20%と高めに設定されています。

また、粗タンパク質38%以上、100gあたりのカロリーは400gです。

栄養が豊富に含まれている子犬向けドッグフードです。
価格(税込) 7,480円
内容量 2kg
対象 小型犬・子犬
主原料 新鮮鶏肉、乾燥鶏肉
原産国 カナダ

ウィリアムドッグフード チキン

ウィリアムドッグフード チキンウィリアムドッグフード チキンは、痩せ気味の犬におすすめです。

100gあたり397kcalの高カロリー。

粗脂肪19%の高脂質なドッグフードです。

主原料には鶏肉が使用されており、動物性タンパク質が豊富です。

穀物不使用のグレインフリードッグフードであり、消化の良いサツマイモが使用されています。

また、スピルリナや南極オキアミなどスーパーフードが豊富に含まれています。

全犬種・全年齢に適したドッグフードです。
価格(税込) 4,730円
内容量 1.8kg
対象 全犬種・全年齢
主原料 脱水鶏肉、鶏生肉
原産国 オランダ

プラぺ CP サーモン & ほうれん草 (小粒)

プラぺ CP サーモン & ほうれん草 (小粒)プラペ CP サーモン & ほうれん草は、スコットランド産のサーモンが主原料のドッグフード。

単一タンパク質でグレインフリーのため、食物アレルギーに配慮されています。

カロリーは、100gあたり380kcalと高いです。

また、タンパク質は32%、脂質は14%以上。

活発な犬や、栄養素をたくさん与えたい犬におすすめします。

グルコサミンやコンドロイチンなどの関節ケア成分も配合されています。

善玉菌プロバイオティクスにより、犬の消化器官の健康をサポートする効果が期待できます。
価格(税込) 4,345円
内容量 2kg
対象 全犬種・成犬用
主原料 サーモン、さつまいも、ほうれん草
原産国 イギリス

Dr.PRO.チキン&ターキー オールステージ

Dr.PRO.チキン&ターキー オールステージDr.PRO.チキン&ターキー オールステージは、栄養価が高いドッグフードです。

原材料には、チキンやターキーなどの動物性タンパク源が使用されています。

粗タンパク質の成分値は27%以上、粗脂肪は15%以上と栄養価が豊富です。

痩せがちな犬におすすめのドッグフードです。

また、炭水化物源として米が使用されています。

比較的価格が安いため、コスパを重視する人にもおすすめです。

日本の獣医師が監修したレシピで作られたドッグフードです。
価格(税込) 5,225円
内容量 2.4kg
対象 全犬種・子犬〜成犬
主原料 チキンミール・ブリューワーズライス
原産国 日本

痩せすぎの犬におすすめのドッグフードの選び方

痩せすぎの犬におすすめのドッグフードを選ぶポイントについて以下の3つご紹介します。

痩せすぎの犬におすすめのドッグフードの選び方
  • 主原料が動物性タンパク質のフードを選ぶ
  • カロリーが高いフードを選ぶ
  • 消化吸収をサポートする成分配合のフードを選ぶ

主原料が動物性タンパク質のフードを選ぶ

主原料が良質な動物性タンパク質であることが重要です。

犬は元々は肉食動物であり、肉や魚などの動物性タンパク質を消化しやすいとされています。

したがって、主原料が動物性タンパク質のフードは、犬にとって消化しやすいフードとなります。

また、タンパク質は犬にとって必要な成分です。

筋肉の発達や美しい毛並みの維持などに効果が期待できます。

「チキン」や「骨抜きターキー」「サーモンの生肉」など、具体的な名称が明記されているフードを選びましょう。

カロリーが高いフードを選ぶ

一般的なドッグフードのカロリーは350g/100gが平均とされています。

痩せ気味の犬には、360Kcal/100g以上の高カロリーフードを選ぶことを推奨します。

100gあたりのカロリーが高いフードを選ぶことで、食べる量が同じでも体重増加が期待できます。

太る必要がある犬には、カロリーが高いドッグフードを選びましょう。

消化吸収をサポートする成分配合のフードを選ぶ

消化吸収をサポートする成分が含まれているか確認しましょう。

痩せ過ぎな犬は、腸内環境が悪くて食べ物を上手く消化できていないことが原因になっている場合があります。

腸内サポート成分が含まれているフードは、犬の腸内環境を整える効果が期待できます。

例えば、以下のような成分が腸内環境の改善に効果が期待できます。

  • 乳酸菌
  • オリゴ糖
  • 食物繊維
ドッグフードを選ぶ時には、腸内環境サポート成分が含まれているかも確認しましょう。

痩せすぎの犬におすすめのドッグフードに関するよくある質問

痩せすぎの犬におすすめのドッグフードに関するよくある質問についてご紹介します。

よくある質問
  • 高カロリーのドッグフードを急に与えても大丈夫ですか?
  • 添加物の少ないドッグフードを選ぶべきですか?
  • グルテンフリーフードがおすすめの理由は何ですか?

高カロリーのドッグフードを急に与えても大丈夫ですか?

ドッグフードを急に切り替えると、犬の消化器官に負担がかかることがあります。

最初は少量を元にフードに混ぜて与えて、徐々に量を増やすと良いです。

新しいドッグフードへの切り替えにかかる時間は1〜2週間が目安となります。

ドッグフードの切り替えは時間をかけましょう。

添加物の少ないドッグフードを選ぶべきですか?

犬の健康に悪影響を与える人工添加物がなるべく含まれていないフードを選ぶのが良いです。

注意が必要な添加物は上限値が設定されています。

日本では、ペットフード安全法で使用上の注意が必要な添加物について、科学的知見に基づき上限値が定められております。その他の添加物に関しては、日本国内の食品添加物や飼料添加物、アメリカ・ヨーロッパで定められた食品添加物またはペットフードに使用できる飼料添加物の基準等をもとに、各メーカーでその安全性を確認して使用しています。なお、飼料添加物として指定されている抗生物質や抗菌剤といった薬剤はペットフードに使用することはできません。また、特定のペットに使用すると弊害のあることが分かっている添加物は使用することができません。

引用元:一般社団法人ペットフード協会ペットフードと添加物

とはいえ、添加物を過剰に摂取すると消化器官に負担がかかったり、アレルギーの原因になったりします。

犬の健康に不要な添加物を避けたフードを選ぶことを推奨します。

グルテンフリーフードがおすすめの理由は何ですか?

グルテンフリーのフードは、犬が消化しにくいとされる穀物が使用されていないためおすすめです。

穀物が多く含まれているドッグフードは、犬が消化しにくくなる場合があります。

犬が消化吸収できていない場合は、十分な栄養素を摂取できないことにつながります。

グルテンフリーフードには、じゃがいもや豆類などの炭水化物源が使用されることが多いです。

痩せすぎの犬におすすめのドッグフードまとめ

今回は、痩せすぎの犬におすすめのドッグフードについてご紹介しました。

痩せすぎの犬には、栄養素が豊富なドッグフードをおすすめします。

痩せすぎの犬に与えるドッグフードを選ぶポイントは以下のとおりです。

痩せすぎの犬におすすめのドッグフードの選び方のポイント
  • 主原料が動物性タンパク質のフードを選ぶ
  • カロリーが高いフードを選ぶ
  • 消化吸収をサポートする成分配合のフードを選ぶ

痩せすぎの犬におすすめのドッグフードおすすめ10選は以下のとおりです。

痩せすぎの犬におすすめのドッグフード10選!
  • カナガンドッグフードチキン
  • モグワンドッグフード
  • 自然派わんこの厳選ごはん
  • MISHONE プレミアムドッグフード
  • FINEPET’Sドッグフード 小粒
  • オリジンオリジナル
  • アカナ パピースモールブリードレシピ
  • ウィリアムドッグフード チキン
  • プラぺ CP サーモン & ほうれん草 (小粒)
  • Dr.PRO.チキン&ターキー オールステージ
最適なドッグフード選びは、愛犬の健康維持につながります。
The following two tabs change content below.

ナチュラルドッグフードのひろば編集部

最新記事 by ナチュラルドッグフードのひろば編集部 (全て見る)