市販で買える国産ドッグフードおすすめ4選!選び方のポイントを紹介

市販で買える国産ドッグフードおすすめ4選!選び方のポイントを紹介「市販の店舗で買える国産ドッグフードはどれ?」
「市販で買えるおすすめの国産ドッグフードは?」

市場にはさまざまなドッグフードがありますが、どれが安全で犬の健康に良いのか選ぶのは難しいですよね。

国産のドッグフードは市販の店舗でも売られています。

商品についてあまり調べずに購入すると、買ってから後悔する場合があります。

本記事では、市販で売られている国産ドッグフードの選び方とおすすめの商品をご紹介します。

この記事でわかること
  • 市販で買える国産ドッグフードおすすめ4選!
  • 市販で買える国産ドッグフードの選び方
  • 市販で買える国産ドッグフードに関するよくある質問

コストを抑えつつも品質の高いフードを選ぶポイントをわかりやすく解説しています。

愛犬の健康を支える良いドッグフード選びをしましょう。

市販で買える国産ドッグフードおすすめ4選!

市販で買える国産ドッグフードおすすめ4選は以下のとおりです。

市販で買える国産ドッグフードおすすめ4選!
  • ドットわんごはん -Red mind-
  • わんこのきちんとごはん
  • ビッグウッド 華
  • メディコート アドバンス グレインフリー 1歳から チキン味

ドットわんごはん -Red mind-

ドットわんごはん -Red mind-

「ドットわんごはん -Red mind-」は、日本国内の食材を使用して作られたドッグフードです。

主原料には、埼玉県産の豆腐おから、国産牛肉、山形県産の玄米を使用しています。

高温高圧の加工を避けた低温乾燥製法により、食材の栄養素がキープされています。

香料や着色料、保存料などの添加物は使用されておりません。

子犬からシニア犬まで幅広い年齢の犬に与えられるドッグフードです。

120gから3kgまでの複数のパッケージサイズがあります。

価格はやや高めですが、フードの品質と安全性を考えると、愛犬の健康のための良い選択です。
価格(税込) 2,530円
内容量 500g
対象 全犬種・全年齢
主原料 豆腐おから(埼玉・神泉村産)、牛肉(国産)、玄米(山形産・他)
原産国 日本

わんこのきちんとごはん フィッシュ

わんこのきちんとごはん「わんこのきちんとごはん」は、石川県金沢市で製造される国産ドッグフードです。

シニア犬向けに作られている無添加国産ドッグフード。

保存料や着色料、香料、化学調味料などの添加物は使用されておりません。

ノンオイルコーティングで、フードはサラサラしています。

犬の健康を配慮して作られているドッグフードです。

粒のサイズが小さく、小型犬でも食べやすいです。

通販でも店舗でも購入できるドッグフードです。
価格(税込) 1,715円
内容量 300g
対象 全犬種・7歳以上
主原料 生肉(季節の魚)、穀物(大麦全粒粉、玄米粉、脱脂大豆、たかきび、脱脂米ぬか)
原産国 日本

ビッグウッド 華

ビッグウッド 華「ビッグウッド 華」は、国産のドッグフードです。

全年齢の犬に適しており、幼犬から老犬まで幅広い年齢の犬に与えられます。

香料や着色料、酸化防止剤など無添加のドッグフードです。

ヒューマングレードのお肉が使用されています。

また、原材料にハーブが使用されているのも特徴です。

調理方法にもこだわって60度以上の熱を加えずに作られています。

直営店や通販などで購入できるドッグフードです。
価格(税込) 3,388円
内容量 1kg
対象 全犬種・全年齢
主原料 南九州産米(無農薬玄米・白米・発酵米ぬか)・国内産豚(豚レバー・豚骨スープ・豚肉)
原産国 日本

メディコート アドバンス グレインフリー 1歳から チキン味

メディコート アドバンス グレインフリー 1歳から チキン味「メディコート アドバンス グレインフリー 1歳から チキン味」は、穀物を使用していない国産ドッグフードです。

メディコートのドッグフードは、ホームセンターやペットショップなどの市販の店舗で購入できます。

穀物が使用されていないグレインフリーフードのため、穀物にアレルギーを持つ犬や敏感な犬にも与えられます。

動物性タンパク質を主原料に使用したドッグフードです。

成犬の健康維持を考えた栄養バランスで作られています。

成犬用の総合栄養食の基準を満たしたドッグフードです。

味わい深いチキン味で犬の食いつきが期待できます。
価格(税込) 2,345円
内容量 2kg(500g×4)
対象 全犬種・全年齢
主原料 肉類(ミートミール、チキンミール、チキンレバーパウダー)、豆類(おから、脱脂大豆)
原産国 日本

市販で買える国産ドッグフードの選び方

市販で買える国産ドッグフードの選び方のポイントについてご紹介します。

選び方のポイント
  • 愛犬の年齢に合ったフードを選ぶ
  • 犬種に合った粒のサイズのフードを選ぶ
  • 犬の健康に不必要な添加物が含まれていないフードを選ぶ

愛犬の年齢に合ったフードを選ぶ

ドッグフードを選ぶ時には、愛犬の年齢に適したフードを選びましょう。

一般的に、ドッグフードのパッケージには以下のように対象年齢が記載されています。

  • 子犬用、幼犬用、パピー用
  • 成犬用、アダルト
  • 老犬用、シニア犬用
  • 全年齢対応(オールステージ)

犬はライフステージにより必要な栄養素が異なります。

総合栄養食と記載されているドッグフードの場合でも、全年齢対応なのか、特定のライフステージに対応しているのかチェックするようにしましょう。

なお、総合栄養食は、フードと水だけで指定された成長段階の犬が1日に必要な栄養素を摂取できるフードのことです。

「総合栄養食」とは、ペットフードのうち、犬又は猫に毎日の主要な食事として給与することを目的とし、当該ペットフードと水だけで指定された成長段階における健康を維持できるような栄養素的にバランスのとれた製品であって「ペットフード公正取引協議会」の定める試験の結果を基に定められています。ペットフードの目的として「総合栄養食」と表示をする場合は、そのペットフードが適用となる犬又は猫の成長段階が併記されています。「総合栄養食」と表示をするためには、各事業者が自らの責任において定められた試験を行わなければなりません。

引用元:一般社団法人ペットフード協会ペットフードの種類

犬種に合った粒のサイズのフードを選ぶ

ドッグフードの粒のサイズは、小粒〜大粒まで商品によって大きさが異なります。

愛犬が食べやすい粒のサイズのフードを選ぶことが大切です。

一般的には、犬のサイズに合わせて以下の粒のサイズがおすすめです。

  • 小型犬:超小粒〜小粒サイズ(5〜10mm程度)
  • 中型犬:中粒(10〜12mm程度)
  • 大型犬:大粒(12mm以上)
愛犬がドッグフードを食べている様子を観察し、快適に食事ができるサイズを選んでください。

犬の健康に不必要な添加物が含まれていないフードを選ぶ

ドッグフードの原材料を確認し、犬の健康に不要な添加物が含まれていないフードを選びましょう。

フードの見た目を良くしたり、味や香りをつけたりするための添加物が使用されている場合があります。

合成添加物には犬の健康に悪影響を与える可能性があるものもあります。

注意すべき添加物
  • BHA/BHT/エトキシキン
  • 保湿剤(プロピレングリコール)
  • 発色剤(亜硝酸ナトリウム)
  • 着色料(「青色2号」「赤色3号」などのタール系色素)

犬の健康に悪影響を及ぼす可能性がある添加物が含まれるフードは避けたほうが良いです。

ドッグフードの危険な添加物まとめ|発がん性や異常行動の原因にも!!

市販で買える国産ドッグフードに関するよくある質問

市販で買える国産ドッグフードに関するよくある質問についてご紹介します。

よくある質問
  • 原材料に記載されている材料以外に添加物が含まれることはありますか?
  • 市販で買える国産フードにグレインフリーのものはありますか?
  • 犬がドライフードを食べない時はどうしたらいいですか?

原材料に記載されている材料以外に添加物が含まれることはありますか?

原材料に記載されている材料以外に添加物が含まれることはありません。

フードに使用した原材料はすべて記載することが義務化されています。

原材料に記載されているもの以外に添加物が混ざっていることはありません。

ペットフードに使用される添加物は、まず初めにペットフード公正取引協議会でルール化され、使用した原材料(添加物を含む)全て記載するよう義務化されました。添加物の表示方法については「ペットフードの表示に関する公正競争規約」に定められ、ペットフードの製造に使用した添加物の個別の名称を記載することが、また、添加物を甘味料、着色料、保存料、増粘安定剤、酸化防止剤および発色剤の目的で使用する場合は、何のために使われているのかがわかるように、その用途名も併記することになっています。これにあわせ、ペットフード協会では「ペットフードの表示のための添加物便覧」を作成して、消費者に分かりやすい表記になるよう、添加物表記の標準化を進めてきました。その後、ペットフード安全法でも添加物を含む原材料名の表示が義務付けられ、現在では、会員社のみならず、国内で流通するすべてのペットフードで添加物が表示されるようになりました。

引用元:一般社団法人ペットフード協会ペットフードと添加物

市販で買える国産フードにグレインフリーのものはありますか?

市販で買える国産フードに穀物が使用されていないグレインフリーのものはあります。

例えば、今回ご紹介した「メディコート アドバンス グレインフリー 1歳から チキン味」はグレインフリーフードです。

穀物にアレルギーを持つ犬や、苦手な犬にはグレインフリーフードを選ぶと良いです。

グレインフリーとよく似ているグルテンフリーには小麦が使用されていないです。穀物は含まれている場合があります。

犬がドライフードを食べない時はどうしたらいいですか?

犬によってはフードに飽きてしまい食べない子もいます。

ドライフードを食べない時には、フードをふやかしたり、トッピングを加えたりすることがおすすめです。

ドライフードにトッピングを加えることで、嗜好性が高まり食いつきが期待できます。

ドライフードを食べない犬におすすめのトッピングレシピについて気になる人は、以下の記事をご覧ください。

ドライフードを食べない犬におすすめのトッピングレシピ集!モグワンを使用した簡単メニューの作り方

市販で買える国産ドッグフードまとめ

今回は市販されている国産ドッグフードの選び方について解説しました。

また、おすすめのドッグフードについてもご紹介しました。

ドッグフードの選び方のポイントは以下を参考にしてください。

選び方のポイント
  • 愛犬の年齢に合ったフードを選ぶ
  • 犬種に合った粒のサイズのフードを選ぶ
  • 犬の健康に不必要な添加物が含まれていないフードを選ぶ

選び方のポイントを押さえることで、愛犬にとって最適なドッグフード選びにつながります。

また、今回ご紹介した市販で買えるおすすめの国産ドッグフードは以下のとおりです。

市販で買える国産ドッグフードおすすめ4選!
  • ドットわんごはん -Red mind-
  • わんこのきちんとごはん
  • ビッグウッド 華
  • メディコート アドバンス グレインフリー 1歳から チキン味

店舗で買える国産ドッグフードをお探しの飼い主さんは、参考にしてください。

The following two tabs change content below.

ナチュラルドッグフードのひろば編集部

最新記事 by ナチュラルドッグフードのひろば編集部 (全て見る)